鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リーグ戦終盤の第28節柏戦を前に、チームは現在3位。

一見、優勝争いしている順位だというのに、

現在のチケット前売りは14,552枚。

リーグ戦終盤にしては枚数が出ておらず、盛り上がりに欠ける。

この入場者数ならスタジアム内コンコースの混雑もさほどではなく、楽に過ごせるメリットがあるのだが、しかし、前戦のガンバ戦より少なくなっている。

これは結局、サポーターも「順位ではなく勝ち点」を見ていることを意味する。鹿島のクラブ文化として「優勝以外、2位以下はどれも同じ」というのがある。

もちろん、「残留圏内(15位以内)」と「ACL圏内(3位以内)」は、現実的に重要であるが、

それよりも、首位との勝ち点差に注意を向けている人が大半。現在の3位という順位をもって優勝争いできていると感じる人は少ないはずだ。

首位・浦和との勝ち点差は7。

今季は優勝争いの勝ち点レベルが低いため3位でいられるが、私の感覚的には5位か6位相当。正直に言うと、ヒリヒリするような優勝争いの緊張感は味わえていない。

なんとか、勝ち点4差、3差、2差くらいで残り2、3節を迎えて、その緊張感を若い選手からサポーターまで共有したいものだ。

真の優勝争いの中では、若い選手たちがグンッと成長するのもあるし、メディア露出も増えるし、動員も増えるしで、リーグ戦ならではの面白味を享受できる。

残り毎試合、首位との勝ち点差を詰めるミッション。

それを最後まで集中してやれれば、そのご褒美として、順位賞金額増加があり、ACL出場権があり、優勝がある。

柏戦での勝ち点3獲得を楽しみましょう。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。