鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
柏レイソル相手にホームで2-3負け。

近年で最もチーム力が低かった柏。それを象徴するかのようにCB鈴木大輔はアホなプレイで退場。自チームの足を引っ張った。

そんなクオリティの低い相手に、鹿島はクオリティの低いミスを連発しての負け。

GK曽ヶ端はもはやハッキリ不調。そのGKの前で守備陣は致命的なマークミス。

攻撃陣もシュートミス、パスミスのオンパレード。

全体にはフィジカルは悪くなく、機動力の面では勝っていたのだが、ミスの多さ、攻守の単調さによって優位を帳消しにしてしまった。

自信と慢心を履き違えていたのではないか?というような試合。

これで今季中断明け3回は全て負け。

それと「3ついい試合をしたら、2つ悪い試合をするペース」も堅持。

2試合連続3失点して負けたから、次からの3試合は良くなる…と思っている。その後はまた2試合負けるので、そこそこの順位で終わる予定。

それを覆すような変化が必要であることは、今日の試合を見た人だけでなく、プレイした選手も感じていることだろう。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。