鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鹿島番の解説者として名高い秋田豊さん。

新潟戦中継の録画を見終わったのだが、秋田さんの解説が前節・浦和戦よりグッと良くなっていた。

目に見えて進化したのは判定への言及の部分。

新潟戦担当の東城主審が安定していたこともあったが、秋田さんもジャッジについての間違った指摘がなかった。

彼の本領である、鹿島の良さ、鹿島の伝統を紹介することに集中し、判定批判に時間を使わなかった。

これだけで、ずっと聞きやすくなった。彼の成長力には驚かさせるばかり。

もちろん、明らかにおかしな判定については今後もしっかり指摘してもらいたいのだけれども、

微妙なシーンについては多角度からの検証が必要なケースが少なくない。生放送で断定して批判するのは、サポーターなら問題ないにせよ、解説者の場合、危うくなる。

それより、新潟戦でそうしてくれたように、鹿島に集中して解説してくれた方がありがたい。

もともと、サッカーへの愛情、DFの技術・戦術、勝つための心構えについて日本屈指のお方だ。見た目的には脳みそ筋肉マンであるが、実は頭脳派である。

↓例えば秋田さんのこの本は凄く勉強させてもらえる本である。とても脳みそ筋肉マンに書ける代物ではない。


ホームだろうがアウェイだろうが鹿島重視の解説は、一般には賛否両論である。

だが、私は鹿島サポーターであり、秋田さんスタイルを絶賛支持している。特異なキャラの解説者として確固たる地位を築く方だと期待している。

解説者として進化する過程で、話し手として成長し、説得力を増し、名声を高めていけば、あるいは再び、彼の夢であるJクラブ指導者としての道も開けてくるのではなかろうか。

闘魂の終わりなき成長、終わりなき挑戦を楽しみに見守っていきたい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。