鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在、柴崎と昌子が日本代表合宿に参加中の鹿島アントラーズ。

この二人の進歩は分かりやすく、納得の日本代表選出なのであるが、

他に、カイオや土居も急激に実力を伸ばしている。

カイオはスーパープレイをいくつも繰り出し、ブラジル国籍ならブラジル代表へ、日本国籍なら日本代表を狙っていけるような逸材ぶりを披露している。

そして、鹿島ユース育ちの土居は、おそらく来年には代表の大枠に入ってくるのではないかという着実な成長ぶりを見せている。

【相手の時間帯の一刺しを覚えた土居】
前半は圧倒され、後半は良くなった新潟戦での鹿島アントラーズ。

土居も後半になって目に見えてボールタッチが増えたのだが、しかし、彼の進化が感じられたのは、良くなかった前半の方だったと思う。

新潟のハイプレスに対し、バックラインからのビルドアップままならず、キープレイヤーの柴崎もフィジカル的に好調でなく、前線にボールが回ってこない。土居がフリースペースに走り込んでもパスが出てこない。

いい形でボールをもらえなかった土居だが、その時間帯でもトップ下としての守備をこなしつつ、攻撃する隙をうかがっていた。いざボールが渡れば、数少ないプレイ機会で相手守備陣の嫌がるプレイを繰り出す。

土居の武器、彼以外の他の選手が持たない武器は、その止めようのない切り返しだ。

タッチが繊細で、俊敏さがある。本人も言うように、この点、香川に近い。香川の方が得点力が数段上だが、しかし、土居には香川以上の幅広い運動量がある。

切り返し織り交ぜたドリブルで前へ仕掛け、サイドに流れてのクロスもいい。

【仕掛ける自信】
一、二年前までの過去の土居なら、不利な試合展開では横パスバックパスを選択することが多かった。その当時の鹿島は大迫もしくは遠藤くらいしか逆境のアタッキングゾーンでボールを持てる選手がいなかった。

それが今や土居も難しい状況で仕掛ける選手になっている。

もともと、技術とクイックネスに優れた彼。今季後半になって、鹿島らしい「待つ」「仕留める」の使い分けを実現している。だいぶ頼りがいのある選手になりつつある。

鹿島でレギュラーとなると、次は日本代表入りを狙うことになるが、

ただし、彼のポジションは代表における激戦区。

あとは得点力とアシスト力といった、勝負を決める分かりやすい活躍が代表入りを左右することになり、また、鹿島の勝利を左右する。

残り三試合、まずは鹿島の勝利のために、その仕掛けの力、チャンスを待つ力、決める力の発揮を楽しみにしている。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。