鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の日本代表×ホンジュラス代表は6-0。

相手がかなり弱くて、これがクラブチームの強化試合だったら、まるで意味がないような試合であった。

ただ、明らかに弱い相手を呼んで大勝することも、興行の上で代表には必要なことだと思われる。

ほとんど参考にならない内容のホンジュラス戦であったが、内田篤人はさすがの存在感。

気の利いたプレイで本田圭佑を押し上げ、チームのバランスを取り、サイドバックの位置から大勝をバックアップした。

代表復帰の遠藤保仁も、相手の隙を見逃さないパスの出し入れで攻撃をコントロール。

また、遠藤と交代でピッチに入った柴崎岳は落ち着いて、正確にプレイした。

私は日本人プレイメイカーのトップクラスは今でも小笠原満男(対人守備含めた総合力最強)、遠藤保仁(寄せられても囲まれても敵の薄いところにパスを通す異能持ち)、中村俊輔(ボールセンス最高)の三人だと思っているが、

彼らと同等以上の才能を持つのは、中堅若手まで見渡しても柴崎くらいしかいない。

小笠原ら黄金世代の後は、彼らより前目のポジションのアタッカーが数多く育った反面、ゲームメイクに長けた選手が少なくなった。今や希少なタイプである柴崎には鹿島サポーター以外からも大きな期待がかかっている。

その柴崎であっても、ランニングの量は勝っているにせよ、フリーキックとゲームメイクの点で遠藤や小笠原に及んでいない。早いところ、追いつけ追い越せお願いしたい。

普段、小笠原と並んでプレイしている柴崎。今回、遠藤と同チーム同ポジションでプレイできているのは、彼にとってメリットになるはず。

次、もうちょっと強い相手に柴崎を見てみたいと思う。昨日みたいな弱い相手に活躍しても、あまり意味がないのだから。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。