鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜の日本代表×オーストラリア代表戦。

各メディアのスタメン予想通り、内田も柴崎も昌子も出場しなかった。

あくまで鹿島サポーターなのであって、日本代表にあまり興味の湧かない私は、そのまま見ないで録画を消そうかと思ったのだが、

録画した分の電気代を無駄にしてはならないという考えから、少し見てみた。

この場合、録画再生にも電気代が発生するものの、それなりに楽しめる試合であれば、その分、元は取れる。

せめて凡戦でありませんように…と見始めたら、オーストラリア代表が意外に本気だったので驚いた。結構、いい状態で、ちゃんと試合してくれているではないか。

そして、日本代表も、現在の時期としては本気モード。

ザックJAPAN時の主力を中心にメンバー構成し、途中で4-2-3-1に布陣変更。今野を入れて守備のテコ入れを計る。

アギーレ監督、ガッチリ勝ちにいく采配で、育成要素の入り込む余地がなかった。この方針でやるのならば、柴崎と昌子に出番がないのも致し方ない。

吉田が痛んだ時に昌子が出そうになったのが唯一の見せ場であった。

柴崎も昌子も、少々悔しい不出場となったけれども、

本人たちは不当だとは思っていないだろう。これが現在位置。

Jリーグの今年残り三試合。鹿島アントラーズの三連勝、ハイパフォーマンスで締めくくり、選手としての地位を高めてもらえれば。

遠藤保仁も今野もJリーグのみで海外リーグ経験のない選手。それでも、長く代表で活躍するレベルに到達している。

柴崎と昌子は、まだまだJリーグで成長することができると思う。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。