鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本代表に参加していた昌子と柴崎。無事に鹿島に帰って練習に参加している。

GELマガでのインタビュー(※会員限定の、端折ってない方)を読むと、昌子にとって実のある代表参加になったことが伝わってくる。

例えば、スポーツ紙でも報じられていたアギーレ監督の指示。

「DFラインをペナルティエリアまで下げない」

これは当たり前といえば当たり前のセオリーであり、トップクラスのチームであれば、基本的に下げてもペナルティエリアの前まででDFラインは踏ん張ってくる。

ただし、拮抗した相手との試合で実現・継続できるチームは決して多くない。

黄金期の頃の鹿島アントラーズであっても、簡単にペナ内までDFラインが下がることが目立っていて、

これは対戦相手のシュートレンジが短く、空中戦もさほど強くないJリーグでならほとんど問題になることがないのだが、

ACLになるとミドルシュートのスペースを与え、深い位置でのヘディングを許し、韓国勢・豪州勢にペースを渡す一因になっていた。

とはいえ、私は「ピッチ内の判断でDFラインをペナ内まで下げるのも鹿島の伝統」の一つなのかと解釈していた。Jリーグでの戦いに適したセーフティなやり方を採用しているのだと。

しかし、今回の昌子へのインタビューで明白に判明したのは、

セレーゾも「ペナルティエリアまでラインを下げない」考えの持ち主であること、そして昌子自身も「ずっと思っていたことだった」こと。

私も、その方がいいと思う。

それでも、言うは易し、行うは難しで、ペナの外でDFラインが踏ん張るには、まず、CBとGKの並ならぬ実力と連係が要る。

DFラインの高低は対戦相手との力量差に左右されることであって、個人能力と共通理解に欠けたまま敢行すれば、やはり裏を取られることになる。

しかし、実現できるならば、鹿島はより強く、また、ACL以上の舞台で安定して勝てるチームに進化する。

幸い、昌子は若く、成長の余地が大きい。リーダーシップも取れる。

鹿島アントラーズの伝統の中では、あまり良くない部類の伝統である(と私は思う)DFラインの下げすぎ。

状況に合わせて下がるのは当然、必要なことであって、ちっとも悪くないが、結構、ズルズルと簡単にペナ内まで下げていくチームの癖を変えてくれるなら、これは是非変えてもらいたいところだなあと昌子に期待したい。

それを鹿島で実現するならば、国際舞台で通用するDFリーダーということになる。日本代表でも確固たる地位を築くだろう。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。