鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日カシマスタジアムで行われたリーグ戦第32節。鹿島アントラーズは川崎フロンターレ相手に2-1勝利。

今シーズン初の中断明け試合勝利に喜び、ホッとしている。

シンプルに「よし!」というのと、それから、変な苦手意識を来シーズンに持ち込まずに済む。

この試合、アントラーズはチーム一人一人の守備がよく、その守備の良さはトレーニングの密度に根差したものであった。中断期間中から、選手もスタッフもいい準備をしたことが伺えた。

代表に参加していた昌子も柴崎もメリットを持ち帰るプレイぶり。

中盤で悠々ボールを持った柴崎にとって、おそらく、川崎の寄せはヌルく感じただろう。

また、昌子が「ラインを高く保つ」意志を強烈に発したことによって、チーム全体として意志統一しやすくなり、守備がハマる一因になったと思う。

もはや代表病どころか、代表のメリットしか感じなかった。個人的に代表病の心配をちょっとでもしたのは失礼だったかなという気持ちでいる。

それから、無事にルイス・アルベルトが復帰。

彼特有の粗さは見えたものの、臆さず人に当たるプレイスタイルと精神力は、やはり貴重。試合終盤に相手に流れがいくと、そのまま元気がなくなりがちな今季の鹿島に合ったキャラクター。ルイスが交代で入った試合の逃げ切り率は高い。

本山たちのボール回しと併せて、いいパターンだ。

それと、少々悩みの時期にあった赤崎がゴールを決めた。視野が広まれば、もっといいプレイができるはず。このゴールで精神的に楽になってくれれば。

先制ゴールを決めて、ゴールシーン以外にもストライカー的な動きを見せた遠藤。彼が調子に乗ってくれば、残り試合とても心強い。

首位浦和が負けたことで優勝可能性が残った。

鹿島より上にいる2位のガンバが勝っているため、今日の結果をもって浮かれるということはないにせよ、

優勝可能性を残してラスト2試合というのは、かなり楽しく、サポーター冥利に尽きるものだ。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。