鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高崎寛之選手が完全移籍で加入』(鹿島公式)

かねてから報道されていた高崎の移籍が公式発表されている。

今冬の補強第一弾成功を喜びたい。

決して上手い選手ではないが、敵陣での空中戦勝率は日本人FW屈指。

ダヴィが長期離脱、赤崎がヘディング苦手ということを考えれば、非常に意図の分かる補強になる。

駒澤大卒業時には鹿島も獲得オファーを出していたはずだが、浦和→水戸→浦和→甲府→徳島と紆余曲折あっての鹿島入り。

浦和時代までは自身の最高到達点でのヘディングを掴めておらず、その身長ほどには高さを発揮できる選手でなかったと記憶している。技術とヘディングの両方が今ひとつで、効果的なポストプレイができていなかった。

それが、今シーズン徳島戦で見た彼は、高さ強さで植田を圧倒。鹿島を相手に最前線で起点になっていた。

いくら植田の経験が浅いといっても、植田はサイヤ人だ。そんじょそこらのFWでは高さ勝負で植田に勝つことは不可能。

セレーゾもピンと来るものがあったのだろう。

今回、他クラブで経験を積み、武器を磨き込んでから鹿島に来てくれることになった形。

大卒で直で入るより、かえって良かったと思っている。マルキ、興梠、田代(※更に高崎が進路に迷っていた2007年には柳沢も在籍中)がいた当時の鹿島で、新卒の高崎ではベンチ入りもまず不可能だったからだ。

山本脩斗もそうであったように、いいタイミングで獲得できて良かったと思う。

高崎選手の加入を歓迎し、応援したい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。