鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Jユースカップ決勝、鹿島ユース×ガンバ大阪ユースは1-1からのPK戦4-3。

鹿島ユースが勝利し、10年ぶりのJユースカップ王者を戴冠した。

選手、指導者、スタッフ、保護者さんたちの努力が報われ、その喜びの輪を見ることができて嬉しく思う。

感情的な喜びもあるし、また、鹿島アントラーズや日本サッカーの将来を考えても、ユース年代で鹿島スタイルを証明できたことが心強い。

大抵のクラブユースが、バルサ大好きポゼッション大好きの傾向にある中、鹿島ユースには独自性がある。

改めて熊谷監督のコメントを紹介しておきたい。

世の中の流れは『今のサッカーはこうだよ』となれば、こうなって(追従して)いってしまう。ボールを握って、という。そうではないやり方をしてきましたし、もし僕らのそれを打ち崩すようなさらなるポゼッションが出てくれば、それは素晴らしいことですよね。』(Jリーグ公式サイト)

ボールポゼッションで圧倒できれば、それはそれで良いのだが、それが最終目的ではない。あくまで勝つための一つの手段。

ポゼッション以外の守備とカウンター、セットプレイもそれぞれ磨き、必要に応じて使い分ける。

ポゼッションに特化したチームが相手ならば、こちらは相手にボールを持たせるやり方をする。スカウティングにも余念がない。

対戦相手と試合状況に応じたプレイ選択の使い分けと、常にベースとなる「一対一で責任を持って戦う」「協力する」「徹底する」ところを普段の練習から、生活から、目いっぱい強めておく。

優勝の要因として、コンディショニングとメンタルの強化は外せないポイント。熊谷監督の場合、そのあたりの指導には日頃からの挨拶も入っている。

一般にクラブユース出身選手は高校サッカー部出身選手に比べて、礼儀がなっていない(例・浦和の○口など)、すぐキレる(例・浦和の原○など)と評されることがあり、ガンバの遠藤保仁選手も「自分の子どもはクラブユースでなく高校に入れたい」と言っていたことはサッカーファンの間では有名な話だ。

その点、各Jクラブユース指導者も自覚している課題であり、それぞれ改善のための努力をしているところなのであるが、少なくとも今年の鹿島ユースを見れば、そこらの高校よりずっとしっかりしている。よく挨拶してくれるし、よい評判も聞こえてくる。

それは必ずサッカーにも表れるものだし、表れていた。

日本一のチームに所属し、練習を積み重ね、勝ち進んでタイトルを獲ったことは、プロにならなかったとしても人生の糧になる。生きていて苦しい時、皆で勝ち取って優勝した思い出を引き出すことによって、心温まり、勇気も湧いてくるだろう。

そんな宝物を得た鹿島ユースの皆さんに、おめでとうと。

いいもの見せてくれてありがとうと、お伝えしたい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。