鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
柳沢 敦氏コーチ就任のお知らせ』(鹿島アントラーズ公式サイト)

おお、なんと喜ばしいニュース。

2014シーズンをもって仙台で現役引退した柳沢敦さんが鹿島に帰ってきてくれる。

同時に発表された新外国人ジネイとファン・ソッコの加入に一安心なのだが、それも忘れるくらい、柳沢コーチ就任が嬉しくてたまらない。

ありがとう、鹿島フロント。

もう、例えジネイがハズレ外人だとしても許す準備ができました。

【鹿島の眼力】
仙台は常に柳沢さんに対するリスペクトを欠かさなかったという。

柳沢さんも、それに応えようとする人間性の持ち主だ。

ただ、強化部スカウト職を用意した仙台に対して、トップチームコーチを用意した鹿島。

指導者志望の柳沢さんに鹿島を選んでもらう決め手になっただろう。

鹿島フロント(満さん)の、こういうところが凄い。

以前、「これからクラブの伝統を伝えられる人を戻していく」と話されていたけれども、

その一人が柳沢さんだったとは、さすがの眼力。

指導者やフロントとして見込みのありそうな選手は、引退後、すぐに迎え入れ、

それとは逆に、選手としては大功労者であっても、指導者として未知数な人物に対してはアンバサダーなどの名誉職で労をねぎらうにとどめたり、あるいは他クラブで実績を積んでもらうなどして、しばらく様子を見る。

そこのさじ加減、実にしっかりしている。

誰でも彼でもスタッフに入れたり、意味なくアンバサダーを与えているわけではないことが、よく分かる。

【名人芸のポストプレイ&オフザボールの消える動き】
柳沢さんは(ゴール量産以外)何でもできるFWだったけれども、絶品だったのはポストプレイとオフザボールの動き。

特にゴールから遠ざかってDFの死角に消えるプルアウェイは素晴らしかった。

プルアウェイ自体はゴールから一旦遠ざかる動きであるから、彼自身のシュートチャンス減少につながる一面もあったものの、その分、味方へのチャンス供給が多かった。

今の鹿島の前線は、FWの崩しのパターンが少ないのと、経験豊かな日本人FWが一人もいない。

赤崎、カイオ、土居、豊川、杉本、鈴木優磨くんたちは、皆、大きな伸びしろを秘めており、若い選手たちに柳沢コーチの技が伝授がなされるのが、今から楽しみ。

また、FWに限らず、今の若いチームに鹿島のいい伝統を身を持って伝える役割。

現役では小笠原や曽ヶ端、本山たちがやってくれているから、コーチの立場から柳沢さんがいると心強い。

おかえりなさい、柳沢。

また、鹿島を宜しくお願いします。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。