鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前野貴徳選手がアルビレックス新潟に完全移籍』(鹿島公式)

かねてより報道されていた前野のアルビレックス新潟移籍が公式リリースされている。

左利きの、本来はサイドハーフ向きの選手だとは思うが、サイドバック離れした攻撃力を持つ。サイドからドリブルで持ち込み、シュートで終わる形を持つ面白い選手。

調子の良い試合では素早い寄せで敵のサイドを封じる守りを見せることもあった。

プロ二年目のJ2愛媛時代には主将を務め、鹿島でも移籍二年目に選手会長を任されるくらい、真面目でキチッとした人間性の持ち主。広報誌月刊フリークスの連載で脇役として登場し、いい味を出していた。

その彼も鹿島ではレギュラーポジションを掴むことができなかった。

攻撃スキルはピカイチだが、J1のスピード下における判断面と守備面が課題。

それは一発で寄せにいってかわされてしまう、頑張って止めようとしてファウルになってしまう、担当エリアでのハイボールに競り負けてしまう、攻めては前に行きすぎてしまうなど、J2時代には出なかった弱点がJ1では試合に出てしまっていた。

スッとレギュラーポジションを掴んだ山本脩斗と対照的に、余裕のなさが攻守の力みにつながっていた、あるいは力んでいるから攻守に余裕がなかった印象がある。

試合に出られない期間が続き、たまに出ても試合勘のなさから、さほど良いプレイが出ないという、選手としては悪いサイクルに入ってしまっていた。

ここでの移籍は致し方あるまい。

幸い、移籍先の新潟はJ1クラブ。サイドバックを伸ばす実績もある。

前野には、そこで長所を発揮し、課題を解消して、一つ上の選手になってもらえれば。

好選手、好青年だけに、これからの活躍を祈っている。

ポジション獲って、鹿島戦以外で大活躍して欲しい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。