鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鈴木隆雅選手の復帰について』(鹿島公式サイト)

前野の抜ける左SBに鈴木隆雅のレンタルバックが決まっている。

鹿島ユース出身の20歳。

U-17世界大会で背番号10を背負い(本大会での活躍は無し)、鹿島ユース出身者としては世代別代表歴煌びやかな逸材。

ユース時代はFWとしてもCBとしてもプレイし、それぞれ一線級の能力を誇っていた。

プロ入り後にSBになったものの、なかなかSBの動き方が身に付かず、出場機会を得られなかった。

2013年7月からジェフ千葉、2014年は栃木SCへのレンタル移籍で出場機会を求める。

いくつかの試合では攻め上がっての突破力を見せることはあったのだが、しかし、やはりサイドバックとして及第点に至らず。

「攻撃はいいものがある」以上の評価はなかった。千葉にせよ栃木にせよ、当初は期待されてのレンタル移籍であったものの、最終的には出場機会を失ってしまう。

2月に21歳になる。鹿島でモノになる一つの区切りとされるプロ入り三年は過ぎた。

すでに同時期に一緒にトップ昇格した宮内は契約満了になっている。同じく中川も昨年中に引退。

大きな期待を受けて入団した2012年トップ昇格組も、残るは隆雅一人。

この三人はキッカ前ユース監督一年目の主軸選手。ユース時代には大いに楽しませてくれたものだ。

このまま、誰も通用せずに終わってしまうのだとしたら、あまりにも寂しい。早熟選手で終わって欲しくない。

万全の状態でシーズンインして、山本脩斗やファン・ソッコに勝る武器をキャンプからアピールしてくれることを願っている。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。