鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スカパーニューイヤーカップ、鹿島アントラーズ×大分トリニータの練習試合をテレビ観戦。

鹿島のスタメンはGK佐藤、右SB伊東、両CBにファン・ソッコと青木、左SB鈴木隆雅。
ボランチに小笠原と梅鉢。
二列目に右から遠藤、土居、中村。
FW赤崎。

キャンプ中の試合ゆえ、コンディションや連係への期待は薄い。

実際、前半の半分を過ぎるまでは、大分の寄せに対して鹿島のミスが目立った。大分の方がコンディションの良い様子があり、鹿島は攻守のサポートの動き少なく、ボールコントロールミス散発。

前半4分には早々と失点。土居の短くなったミスパスからカウンターを食らったものだ。

しかし、時間経過と共に鹿島も身体が動くようになる。

35分には鈴木隆雅の左クロスを赤崎がスルーし、中に入ってきた遠藤の鮮烈なシュート。

この試合、遠藤のキープ力が効きまくる。守備ブロックの中でも悠々ボールキープし、最も頼りになる選手になっていた。

メンバーを大幅に変えた後半開始早々には、土居の仕掛けからのシュートで逆転。

鹿島の動きが良くなり、素直に個人能力の差がピッチ上に表れ始める。

…が、前線の決定力、ラストパスの精度が今ひとつ。高崎が案外、色々なことができていたのは好感だったが、最後のクオリティが足りなかったのが惜しい。

71分にはポカッと集中が切れたところから失点し、同点に追いつかれる。

ただ、コンディションの劣勢は、この時間帯にはなくなった。大分は鹿島の両サイドバックの攻撃を止めきれなくなる。

山本クロス→西ヘッド→跳ね返りをゴール前詰めていたボランチ山村が押し込み、勝ち越し。

そして、途中出場の本山が流石の攻撃センスで2ゴール。

遠藤と本山の二人は良いアピールができたと思う。

また、現ユース選手の二人。

町田くんと田中くんもプロに負けないところを見せていた。町田くんは冷静な対人守備が一度あり、田中くんは本山のゴールをスルーパスによりアシスト。今年トップ昇格した鈴木優磨と大橋には(今日は出番なし)、いい刺激になったことだろう。

チーム全体にはミスがあり、出足が遅かったり、シュート選択できなかったりと、物足りなさが感じられたが、とはいえ、ここ数年のこの時期との比較で言えば、どの選手にも競争意識がプレイに出ていた。

例えば、昨年のプレシーズンの練習試合は、腑抜けたようなプレイになってしまっていた選手が何人か見られた。今日に限ってはそのような落胆はなかった。

疲れている中でもアピールが必要である。そのことを選手たちがよくよく分かっていることは、映像からも感じられた。

水曜日のアビスパ福岡戦では更に良くなるものと楽しみにしている。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。