鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日のいばらきサッカーフェスティバル、水戸ホーリーホック戦は3-1で鹿島の勝利。

まず、着目すべきは鹿島のメンバー構成。

曽ヶ端、小笠原、山本といったベテラン・中堅の主軸を敢えて外し、高卒ルーキー久保田ら若手中心のスタメン起用。

2月25日に迫ったACL初戦に向けて手の内を隠しつつ、しかし、せっかくのテストマッチを無駄にしないという意図が見てとれた。

狙い通り、前線の攻撃パターンは隠すことができた。

特に、FW赤崎を中心としたポストプレイを伏せたために、鹿島のボールポゼッションは非常に単調に。

やはり、FWにクサビのボールが入る形が安定しなければ、味方へのマークは外れないものだ。

個人能力差があるから鹿島はボールを持てたし、一人一人がシュート・クロス・パス・ドリブルといったところで華のある技を見せてくれた。

ただ、チームとして水戸の守備ブロックを意図的に揺さぶることはできていなかった。

それでも良かった。

ACL直前に、得意パターンを見せる必要など全くない。

その一方で守備は隠す必要がない。

弱点を見せない、普通の守備をすればいいだけなのだ。

こちらは前線から守備への切り替えが早かった。

個人的には、土居の守備面での成長に感心。敵にボールが渡る予測が一層速くなり、相手カウンター開始を起点から遅らせている。

土居だけでなく、チームとして守備の仕上がりは順調。個々の集中力が高い。

これにリーダーの小笠原や曽ヶ端が入れば、一層、意志統一に芯が入り、ACLも戦える状態になろう。

見ていて安心を強めることができた。

終盤には、この手のゲームにありがちなオープンな展開に。

それは当たり前すぎる想定内であったが、そこで少々残念に感じたのは無失点で締められなかったこと。

セカンドGKの佐藤やCBポジション争い中の山村は、とにもかくにも無失点試合を増やしていきたいところである。

あとは、赤崎のポストプレイに依然として物足りない印象を受けたが、その分、後半から出てきた高崎が際立った。

彼は前線で身体をぶつけて、安定してポストプレイしてくれる。ゴールも決め、ますます評価を高めている。

それから、ルーキー久保田。

非常に落ち着いてボールを捌き、受けに顔を出した。前半だけの出場だったとはいえ、幅広く動いた。

中盤ど真ん中のポジションにあって、これだけ最初から冷静にプレイする選手は滅多にいない。シンプルに前に仕掛ければいいアタッカーと違って、行方不明にならないバランス感覚あるいは経験が必須なポジションだ。

ここで最初から上手くやったのは、鹿島クラブ史にあっても、中田浩二、小笠原満男、柴崎岳くらいしかいない。

久保田も、その素質をハッキリ見せてくれた。

身体はかなり細く、公式戦は時間をかけて慣れる必要がありそうだが、とっても楽しみ。

鹿島のスカウトとセレーゾの慧眼にも改めて感心。

調整とテストが主目的の試合を十分な成果で終え、久保田という逸材がお披露目されたことを喜びたい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。