鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「負ける相手じゃなかった」鹿島強化部長』(日刊スポーツ)

昨夜の敗戦を受けてのアントラーズ鈴木満常務取締役強化部長のコメント。

「負ける相手じゃなかった。センターバックのミスが多すぎ。去年から試合に出てるんだから、若いとか言い訳にならない。力負けしてないのに、取り切れない、守り切れない。日本のチームはどこもそう。」

勝てる相手だったと言うつもりは私にはないが、満さんの言う通り、負ける相手でなかった。

ウェスタン・シドニーは前回ACLチャンピオンと思えないほどパスミスが多い。

守りにしても、カイオに対して同じように寄せては何度もかわされる始末。DFの弱さ、修正力の低さは、なるほど現在国内リーグ最下位も納得。

数人の選手は高さと巧さを兼ね備えており、高萩という日本人屈指の選手もおり、ピッチをコンパクトに保とうとする組織力があり、ゴール前で身体を張る闘争心もある。アジア王者の片鱗こそあったものの、やはり安直なミスが多い。

アントラーズがホームに迎えて負けるような完成度に至っておらず、少なくとも引き分けられる試合だった。

センターバックに敗因を押しつけるやり方は好きじゃないけれど、昨日については、ある程度は仕方ないだろう。最終ラインに大きな負担がかかった末のミスでなかったのだから。

空中戦では植田も昌子も闘争心を出して競り合っており、よく勝っていた。しかし、それ以外のところでのクリアミス、パスミスがとても多かった。

対して、ウェスタン・シドニーのクリアボールは味方につながっていた。

満さんは若いCBにハッパをかけるつもりもあり、「センターバックのミスが多すぎ」と言っていると思う。いくら代表に選ばれた昌子と植田といえども、昨日のパフォーマンスではACLは難しく、一気にCBの層が薄くなってしまった感がある。

補強したファン・ソッコがいて、青木でも山村でも実力的に遜色ないにせよ、昌子&植田で計算が立たなくなるとチームとして底力が浅くなる。

二人は反発力のある選手だから心配は無用であるも、次の試合の要注目選手になることはたしかだ。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。