鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人選

昨日のアウェイ清水戦は1-3敗戦。

負けて言い訳もない。

試合勘に勝る鹿島の有利が大きいと見ていたのだが、これを生かせなかった。

それも道理というもので、鹿島は大きくスタメンを変更。

コンディションや怪我を考慮された曽ヶ端、小笠原、昌子の代わりに佐藤-植田-梅鉢の控え守備ユニット。

有望な三人ではあるが、J1トップクラスと認めるには公式戦で欠点が出やすい選手たち。

三人のうち一人ならまだカバーし合えるにせよ、三人同時起用は機能性が上がらない。

元チームメイトの本田拓也にしてみれば、小笠原らに比べて組みし易い感覚があったはずだ。

鹿島は守備だけでなく、FWも依然として点を入れる気配がない。どうやら、ACLもJリーグも関係なかった模様。今の日本人FW二枚のみではセレーゾも八方塞りか。

主審割り当ての不運もあった。

得点に直結する判定ミスで有名な佐藤隆治主審。その実力を遺憾なく発揮し、鹿島のゴールが(たぶん)一つ減ってしまう。

清水にも損な判定はあったし、鹿島のミスも酷かったから勝敗は変わらなかったと私は考えるが、しかし、ミスジャッジはイヤなものだ。

それぞれの人選に文句を言いたい気持ちは山々である。

その一方、「主審」「キーパー」「センターバック」「ストライカー」の層の薄さは私も知っている。Jリーグ全体で人材に乏しく、起用せざるを得ないところがある。

唯一、ボランチは青木や山村で良かったのではと結果論を持つ私であるのだが、梅鉢のポテンシャルにセレーゾが惚れ込んでいるのも無理もない話。素晴らしいダッシュパワーがあり、素直で綺麗なキックを蹴れる希有な男だ。

梅鉢に全盛期のセレーゾのサッカー脳と肉体があれば、きっと凄い選手だったと思うのだ。梅鉢が鳴かず飛ばずなのは、主にサッカー脳が悪いだけなのであって、決して梅鉢が悪いわけではない。セレーゾがここまで惚れるボランチは滅多にいるものではない。

なんとか経験則を積んで、開花してもらいたいものである。

佐藤主審はともかく、GK佐藤サンマと、植田、梅鉢にはポテンシャルがある。チームがノッている時期であれば、きっと勝利に貢献してくれる。

まずは早く一勝して落ち着きたいもの。負けが込んでリズムが悪いと、素直に未熟が出てしまう。

次はしっかりベストメンバーの試合をお願いすることとして、切り替えたい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。