鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
昨日の湘南戦も1-2負け。

新加入・金崎の先制点までは良かったものの、小笠原のPK献上から同点に追いつかれる。その際の小笠原、鹿島ペナルティエリア内、上がってきたボールに向かわず敵に強く身体をぶつけており、完全なるPK。

若い選手でも滅多にしないようなミスを小笠原がやってのけるとは。勝負の流れを失う致命的シーン。

更に、毎度毎度の得点力不足。

チャンスは作れていたが、高崎、土居、遠藤と得点源3人が軒並み、シュート不振。

高崎は先手を取ったシュート体勢に入れず、土居はターンして仕掛ることができず、遠藤は決めるだけというシュートを外す。

ならばとゼロトップに変更したセレーゾの采配で、今度はチャンスすら無くなる。

最後は焦って攻めるところを、やすやすとファーにクロスを上げられ、抑えられず決められ負けるという、典型的な負けパターン。

これではフォローしようがない。

無理に良かったところを探せば、個の強さ上手さ兼ね備えた金崎。高さとつなぎの山村。この二人は昨年までのスタメンにない色を出してくれるかなというところは見えた…

が、なにせ相手はJ1最少規模の湘南だ。彼らにいい外国人選手がいて、いい若手がいて、監督の采配が当たったとしても、鹿島が優勝が目標のチームなら、キチッと勝ちで終わらせるのがミッションだった。

ベテランの大ミス、前線の完結力不足、安易な失点。

これでは勝てるわけはない。負けは負けでも内容まで寒い。丁寧で正確、老獪な鹿島はいまだ見えない。

中国遠征を流れを変えるきっかけとしたい。
関連記事