鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
宮崎でのスカパー! ニューイヤーカップ、鹿島アントラーズ×ジェフ千葉のプレシーズンマッチ、前半。ピックアップした選手短評。

詳細は公式サイト

引いて守る千葉、パスをつなぐ鹿島の図式。鹿島は数度のシュートチャンスがあるも決められず。0-0のまま後半戦に向かっていく。

【CB 植田】
スピードあるロングフィードを右ハイサイドに送り込み、攻撃の糸口を作る。他にも意欲的なグランダー縦クサビを最前線に打ち込む。

前半終盤には機を見て敵陣に駆け上がり、DFの寄せをモノともせずドリブルで運んでコーナーキックゲット。CBとして効果的な攻め。

一対一の守備能力はこのレベルで十分。守備時の反応の良さ、足を出すスピード秀逸。

ショートカウンターを受けた際、サイドバックやボランチを動かしながら守るという点で消極的であり、その時に彼は浮いてしまう(誰にもついていない、コースも切れていない)状態になりがちである。

【DMF 小笠原】
攻めの面では、ボールキープから誘い込んでファウルゲット。フリーキックを得る。
キープ力に余裕があり、空いている味方にパス供給していく。

守りの面では、引いて守る千葉に対し、高い位置からボール奪取をかける。ファウルはかさんだが、必要なプレイ。攻撃的守備でチームの方向性を示す。

20分、自陣でのボール保持時。パスコースを探すルックアップの間に敵に距離を詰められ、奪取されるミス。幸い失点にはつながらなかったが、シュートまで至っており危なかった。

【FW ジネイ】
献身的な追い回し。前へ持ち出すドリブル、ワンタッチでの戻しなど、技術力はところどころ見せた。

プレイ全般として、外国人助っ人と捉えると大人しい。ドリブルとシュートでの突出したものは、この日は見えなかった。

ある意味、鹿島らしい、良い人っぽさ、守備意識の高さがピッチで出ているのは好感も、やはりインパクトのある得点能力を求めたい。シュートは前半終了間際、赤崎のパスから抜け出して外れた一本のみ。

【FW 赤崎】
DFラインの裏を狙い続け、自陣からのロングパスを引き出す。つながることはなかったものの、ねちっこく繰り返しておくことは布石になる。
前半終盤にはDFにブロックされたとはいえ、CKになるミドルシュートを放った。

この試合ではポストプレイのミスが目についた。味方のプレイしやすい位置にボールをコントロールすることができず、ズレてしまう。ポストプレイが安定しないため、鹿島の二列目以下は十分にコントロールする余裕がなくなり、厳しかった。
関連記事