鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
Pikaraスタジアム(香川県丸亀)での、鹿島アントラーズ×カマタマーレ讃岐のプレシーズンマッチ、後半。ピックアップした選手短評。

詳細は公式サイト

【右SB 伊東】
守りに比重を置き自陣に人数を割く讃岐。前のスペースが生まれにくく、伊東の得意とするフリースペースへのダイナミックな走りを繰り出せないゲーム展開。

そうなると、上がってもマークのついた状態でのプレイを強いられる。現時点で得意とは言えないビルドアップは詰まりやすく、顔を出した味方にテンポよくボールをつけるに至らず。右サイドでのスムーズな攻撃展開を促すことはなかった。

ただ、27分のクロスは良い。小さなフェイントを入れてクロスのコースを作り、ファーへ伸びるキック。チャンスを作り出す。西との交代までに2本ほどクロスを入れた。

伊東は西のように自ら組み立てられる選手ではないが、しかし、機動力に優れ、ランニングからのクロスという武器ある。この試合では地味であった分、次の機会を楽しみとしたい。
関連記事