鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カシマスタジアムでの鹿島アントラーズ×水戸ホーリーホックのプレシーズンマッチ、前半。ピックアップした選手短評。

詳細は公式サイト

【CB ブエノ】
最初のCK守備。前に入られて、ヘディングシュートを打たれており、危うかった。一応、身体をつけてはいたからシュートを外させることはできたが、後手に回ったマーク。全般にボールに釣られ自由にさせてしまうことが目についた。

失点場面の手前、佐藤和樹のドリブルに相対した場面。決断が遅れ、佐藤のプレイ選択をほとんど制限できていない。フリー状態で余裕を持ってスルーパスを出されており、失点に至っている。この試合ではマーキングの強さも、対応力の高さも感じられなかった。

また、ビルドアップ時のパスが度々ズレてしまう。角度もスピードも丁寧さを欠き、受け手とのイメージが合わない。

CBは前半からのプレイが重要。新外国人選手はプレシーズンからのアピールが重要。その観点からすれば物足りなかった。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。