鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
カシマスタジアムでの鹿島アントラーズ×水戸ホーリーホックのプレシーズンマッチ、前半。ピックアップした選手短評。

詳細は公式サイト

【OMF カイオ】
スピード豊かなドリブルキープから逆サイドへの大きな展開、ゲームメイクにも幅の広がりを見せる。

独力の個人能力の高さはますます磨きがかかり、二人三人に囲まれても突破していく。強引にでもシュートで完結できる。

ただ、35分。自分一人のイメージで誰も味方のいない右前方のスペースへロングボールを入れてしまう。

この場面、遠藤が真ん中の裏にボールを要求して走っていたため、遠藤を欠いた状況で水戸のカウンター開始。鹿島のボランチとCBのバタバタした対応が重なり、失点に至っている。
関連記事