鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カシマスタジアムでの鹿島アントラーズ×水戸ホーリーホックのプレシーズンマッチ、後半。ピックアップした選手短評。

詳細は公式サイト

【FW ジネイ】
最前線でロングボールのターゲットとなる。
8分、鹿島カウンターの流れから遠藤のクロス。ゴール前、巧くDFの間に入り込んだジネイ、頭で冷静に流し込む。

ハイテンポを要求されるようなバイタルでのポストプレイの連係は、まだ合わないところがあり、ズレがしばしば。熟成が待たれる。
とはいえ、味方を使う意図がよく分かるのが好感。柔らかなボールキープから受け手のプレイしやすいパスを出してくれる。

守りでは相手GKとバックラインに適宜、プレッシャーをかけていく。ミスパスを誘い、ショートカウンターにつながるチェイシングもあった。

強いていえば、日本のDFの接触プレイ、その判定基準に適応するのに、やや時間がかかるか、苦労しそうなことか。ノーファウル判定の接触で倒れる場面が散見された。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。