鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
3/5(土)にカシマスタジアムで開催された、鹿島アントラーズ×サガン鳥栖。リーグ戦1stステージ第2節。
映像再確認した上でのピックアップ選手短評。

【OMF 中村】
仕掛けられるアタッカー兼ゴール前に飛び込めるストライカー。
鳥栖DF一人くらいであれば、ボールセンス抜群のドリブルで突破する。

ゴール前、クロスボールに合わせヘディングシュートを放つ。ここでは打てたが、ドリブルで持ち込んだ際、一瞬のシュートチャンスに躊躇ってのチャンスロスがしばしば見られる。もちろん、「打ってもDFの足に当たる」というような中村本人の瞬時の判断のあることであるが、カイオや金崎のように打ちきってしまった方が、シュートで終わる能力が磨かれていく。ただのチャンスロスで終わっているので勿体ない。

守備への戻りが速く、ボール奪取しばしば。自陣ペナ内でも最後まで身体を寄せる。
守備能力の向上に加えて、メンタル的にも充実が感じられる。
関連記事